東京都北区 清水坂公園 じゃぶじゃぶ池&ローラー滑り台が楽しめる夏におすすめの遊び場!

公園・遊具, 育児ブログ, 運動・スポーツお出かけ情報, じゃぶじゃぶ池, ローラー滑り台, 口コミ・レビュー

ローラー滑り台

2018年6月某日 東京都北区にある清水坂公園に行ってきました。4歳・1歳(ベビーカー)で訪問。

  • ローラー滑り台
  • じゃぶじゃぶ池
  • 広い芝生
  • 自然ふれあい情報館で生物観察

などを楽しむ事ができ、都内にありながら自然に親しめる公園でした!

アクセス

東京都北区十条仲原4-2-1

東京都北区十条仲原4-2-1

JR赤羽駅より徒歩15分
JR東十条駅より徒歩10分
JR十条駅より徒歩15分

と、最寄り駅は多いものの各駅から10分以上はかかります。

今回は十条駅からのアクセスでしたが、十条銀座はとても賑わっていました。パン屋さんや総菜屋さんなど、子どもが好きそうなお店もたくさんあったのでオヤツに何かを買っていくのもよさそうです!

十条駅から公園の南端に着くと、広場を一望できます。後述の北区自然ふれあい情報館は北端に位置します。

清水坂公園
十条駅側の入口

十条駅川が一番標高が高く、じゃぶじゃぶ池の水源もこちら側。高低差はありますがスロープだけだったのでベビーカーでも問題ありませんでした。

清水坂公園
奥に見えるのが芝生エリア

マップがこちら。地図の左上が十条駅側の入口で、右中央にあるのが北区自然ふれあい情報館になります。
マップ

芝生の広場

清水坂公園 芝生 広場

広さも十分あり、傾斜もあるのでこの日はストライダーの練習もしました!(転んで泣いていましたが(笑))

トイレ・おむつ交換・授乳室

トイレは3か所確認できました。十条駅側(南端)、芝生広場付近のトイレ、これらは大人用しかなさそうです。

自然ふれあい情報館のトイレにはだれでもトイレがあり、中に子ども用トイレやオムツ交換台があります。

館内には授乳スペースがあり、カーテンと窓のブラインドを閉めて授乳が可能です。(おむつ交換は上記のだれでもトイレを利用)
自然ふれあい情報館 授乳室

北区自然ふれあい情報館

北区自然ふれあい情報館

北区自然ふれあい情報館にはだれでもトイレや授乳スペースの他、様々な展示物がありました。手作りのミニゲームなどもあり、子供達で賑わっていました。

様々な展示(水生物など)

展示物として、水生物(北区の川のさかな)スペースがあり、元気な姿をみることができます。

水生物エリア

自然園

時間が決められ、スタッフ同伴でなくては入れないエリア、「自然園」が情報館の奥にあります。

予約は不要のようですが、時間が決められています。自然が守られているエリアなのですね。

ローラー滑り台 他遊具

清水坂公園にローラー滑り台があることは知っていたのですが、ネット上の写真だけだと奥行きがよくわからず、そんなに大きくないのかな??と思っていました。

こういう写真がよくあります。
ローラー滑り台

実際行ってみると、斜面を利用したローラー滑り台はなかなかのロングコース!階段を上るのも大変です!
ネットであまり見かけないアングルで撮影してみました!
ローラー滑り台

階段の上から見るとかなりの高低差!
ローラー滑り台上部からの眺め

ただ、古めでサビもあるためか、キュラキュラと音が鳴る上にスピードもそれほど出ません。この傾斜でスピードが出ると怖いかもしれないので小さい子供には丁度いいです!

こういった注意書きがあるほどですよ(笑) (騒音のため夜間利用ができない)

上から滑りながら撮影した写真がこちらです。

ちなみに、お尻に何かを敷いたり、大人と一緒なら結構スピードが出るので、子どもが大きくなったら敷物を用意するのがおすすめです!
大人と一緒

アスレチックエリアとは間近ですれ違います!
ニアピン!

他の遊具など

自然ふれあい情報館の前にはローラー滑り台の出口付近に遊具エリアもあります。ブランコや砂場、階段の途中にはネットのアスレチック遊具もあり、滑り台以外にも楽しめるスポットです。

じゃぶじゃぶ池1 水路風

じゃぶじゃぶ池は水源が2つあるため、流れも2本あります。

十条駅側の上から流れる水流はしっかりと整備されており、ボールを流して遊ぶ様子が楽しそうでした。(今度はボールを持って行こうと思います)

じゃぶじゃぶ池1

こちらは石を敷き詰めた”水路”チックなじゃぶじゃぶ池です。それほど深い所はなく、流れも速めです。

循環式で水質もある程度コントロールされているのか、ぬめりなどは有りませんでした。石と石の隙間はあるので足元には注意しましょう!

じゃぶじゃぶ池2 渓谷風

もう一本の流れは、石が多く、より”川”、”渓谷”っぽい流れです。一番下流は自然ふれあい情報館の前の池になります。

じゃぶじゃぶ池

途中には結構深い所もあり、子供なら余裕で全身浸かることができます!今回は下流から水源を目指して登ってみました。

こちらの水底は大きめの丸い石を敷き詰めた形で、大人は足つぼがかなり痛い(笑)
細かい砂利などはないので、それほど危険はないと思います。

橋の上にはカエルのオブジェがあり、水を拭きだしています。
カエルの噴水

橋を潜り抜けると斜面の段々を水が流れます!
じゃぶじゃぶ池

こちらはそれなりに深さもあり、常に水が溜まるようなところは若干ヌメリもあったので、転倒に注意しましょう。

上から見ると結構登ってきたのがわかります。
じゃぶじゃぶ池

1歳児も興奮の舞を披露してくれました(笑)

じゃぶじゃぶ池ダンス
クリックで踊り出します(笑)

清水坂公園 まとめ

池袋駅から2駅(十条駅の場合)とは思えない自然の多さで、のびのびと楽しむことができました。近くに食事をするところが無かったと思うので、お昼を食べたい場合は何かを買っていくのが良さそうです!

ローラー滑り台がお目当てだったのですが、思いの外じゃぶじゃぶ池が楽しかったので暑い日にまた訪れたいと思います。

2本の水流・じゃぶじゃぶ池は長さもあり、子供の冒険心を刺激してくれると思います。上から下るもよし!上流を目指すもよし!

一番下流(自然ふれあい情報館の前)には足洗い場もあるので、遊び終わったらしっかりと手足を洗いましょう!
足洗い場

関連のあるおすすめ育児情報ブログ