ネット利用のモラルと共に高めたい、正しい育児の情報をインターネットから検索する方法・コツとは?

育児ブログ, 病気名言・格言, インターネット

子供 スマホ

2017年6月 NHK まいにちスクスクで「信用できるインターネット情報の探し方」について放送されていました。

WEB関連に詳しい方でも、インターネットから正しい情報を探しあてることは難しいものです。それだけ、昨今のインターネット・検索エンジンには様々な情報があふれかえっています。

番組の中では聖路加国際大学 中山和弘教授が、「信頼できるインターネット情報を探すコツ」について解説されていました。

このようなブログを書く筆者自身もWEB業界に身を置き、インターネットについては日々勉強していますので、独自の感想・解釈も加えて行きたいと思います。

なぜ、インターネットには不正確な情報もあるのか

サイトによって書いてあることが違うなどということがよくありますね。また、近年問題視されているのがまとめ記事が多いことです。

様々な情報が載っているまとめサイトは、内容が豊富なので検索上位に表示されることも多いです。ジャンルによっては有益ですが、こと医療情報になると専門家が書いているわけではない場合も多く、信憑性に欠けてしまいます。

正しい医療情報をネット検索するコツ

聖路加国際大学 中山和弘教授
検索ワード+「学会(や協会)」というワードで検索する方法も良いと思います。学会は専門家が集まっている組織なので専門家の意見を聞きたい場合は参考になる
ということを仰っていました。

番組では「蕎麦はいつから食べられる?」という疑問を持ったママが、「麺 アレルギー」で検索した例を紹介していました。実際に検索すると、アレルギーの情報ではなく、「アレルギー麺のレシピ」なども表示されてしまいます。

しかし、「麺 アレルギー 学会(協会)」とすると、検索結果にアレルギー学会の公式サイトが出てくるというもとでした。

WEBに従事する身としての意見・・・
これは確かに有効だと思ったのですが・・・実際に「麺 アレルギー 学会」で検索して日本アレルギー学会のサイトに訪問しても、「蕎麦はいつから食べられる?」の解答となるページにはすぐにたどりつけませんでした・・・
場合によっては有効だと思いますが、結局その学会(協会)が情報発信にどれだけ力を入れているかに依りますね。
また、蕎麦アレルギーについて調べたいのなら「蕎麦 アレルギー」で検索するべきだと思います。「麺」だけだと小麦麺も含まれますからね。

新しい情報をネット検索するコツ・方法

新しい情報を検索するコツ・方法についても解説されていました。

google検索には、オプションで「期間指定」する機能があるのです。

【ツール】をクリックすると、【期間指定なし】を【1年以内】など任意の期間に変更することができます。

ネット検索で期間を指定する方法

スマホだとわかりづらいのですが、実はこのツールの部分を指でスライドすることができます。

スマホ検索で期間指定
指でスライド(スワイプ)
スマホ検索で期間指定
ツールが出現

さらに追加でWEB業界に身を置く私からも裏技をご紹介したいと思います。

実は、googleの検索バーには、隠された機能(コマンド)がたくさんあります。その一つが、site: コマンドです。この方法は、「特定のサイト内からのみ、任意の情報を検索したい」場合に有効です。

例えば、日本アレルギー協会さんのサイト(http://www.jaanet.org/ )に行ったら、アドレスバーのwwwの前にsite:(コロン)と打ち込んで検索します。

site:と打ち込む

すると、googleに登録(インデックスと言います)されたページが何ページあるかが表示されます。(画像の場合だと707件)

siteのインデックス数

さらに、「半角スペース 蕎麦」をいれ、site:www.jaanet.org 蕎麦で検索すると、googleに登録されているwww.jaanet.orgの707件のページの中から、「蕎麦」を含むページを表示してくれます。

さらにキーワードで絞り込む

さらに、特定のページ内で任意のキーワード部分を探したければ、パソコンなら「Ctrl+F」を押してみましょう。そのページ内でお目当てのキーワードの部分に飛ぶことができます。(この方法は、エクセルやワードなどのファイルでも使えます)

ページ内のキーワードを検索

スマホだとわかりにくいのですが、googleのブラウザならメニューボタンから、「ページ内検索」をすることで同じように単語を検索することができるのです。

期間指定と合わせて活用してみてくださいね!

信頼できるインターネット情報を選び取る力・コツ

聖路加国際大学 中山和弘教授が、覚えやすいゴロ合わせでインターネットから正しい情報を選び取る、検索のコツを解説してくれました。

「かちもない」

か・・・
書いたのは誰か
特に医療系の情報を調べる時は、誰が書いた情報なのかを確認するようにしましょう。私自身も注意していることで、医療系の情報なら医療に従事している人が書いた情報でなければ信じません。

WEBに従事する身としての意見・・・
医療系の情報サイトでも、「〇〇医師監修」といった記載があった方が望ましいです。
とある情報サイトが不正確な情報を多数掲載していたということ大きな問題となり、閉鎖になった事件もありました。(悲しいことに大手企業が運営していたのです)
・・・がしかし、医師が「監修・参画」とあるサイトでも、その実態を疑問視されたサイトも現実に存在します。
https://www.buzzfeed.com/jp/seiichirokuchiki/iryojoho-internet-02?utm_term=.gjV6N8P7B#.vjYjmWAX6
http://www.fukushige-dc.com/dcblog/?p=1253
私の個人的な意見ですが、本当に信頼できる情報は「学会」「厚生労働省」「病院で運営している、医師が書いたブログ記事」などの、公的な機関・医師の団体のみだと考えています。

ち・・・
違う情報と見比べたか
複数のサイトを見比べて、同じことが書いてあるかを確認します

も・・・
元ネタは何か
書いてある情報が、「何に載っていた情報か」「誰が発言した内容か」が明確かどうか・リンクや文献が載っているかどうかです。

WEBに従事する身としての意見・・・
個人的に、医療従事者以外の発信する医療情報で、かつ出典(元ネタ)も明らかでない情報は信じるに値しないと考えています。

な・・・
なんのために
そのサイトが何のために運営されているのか。これも目安となり得るでしょう。

WEBに従事する身としての意見・・・
私の経験則では、大企業が商品のプロモーションのために立ち上げた情報サイトは情報の裏付け・リサーチにもしっかりお金をかけている場合が多く、最終目的は商品の販売だとしても情報自体の信憑性は高い場合が多いです。
しかし、広告収入のみを目的とし、情報閲覧の妨げになるほど多数の広告を出しているようなサイトもあります。このようなサイトは、閲覧数や成果を伸ばすことを目的としているので、出典やリンクが無い(サイトからの離脱を防ぐため)場合もあるのです。

い・・・
いつ
HPや記事の作成日時が書かれているかどうかです。医療情報といえど、常識が変わっていく場合はありますので、ある程度新しい情報を見つけるように工夫する必要もあるでしょう。

聖路加国際大学 中山和弘教授
「かちもない」を確認しないと「価値もない」です。

まったく、その通りだと思います。

信頼できる医療情報が載っているサイト

医療系の情報の場合、一般的に一番信頼度が高いとされているのが公的機関のサイトです。(厚生労働省や国立健康・栄養研究所 など)

次が患者団体のサイトです。(日本アレルギー協会や、患者を支援するNPO法人など)

そして、製薬会社のサイト医師個人のサイトと続きます。

一番不確かなのは「まとめサイト」ということです。

信頼できる医療情報サイト

インターネットでは、話題性を重視するあまり、人が驚くような情報がたくさん書かれ、当たり前の情報があまり書かれない傾向にあるということでした。

聖路加国際大学 中山和弘教授が、信頼できる医療情報サイトをいくつかピックアップしてくださいました。

夜・休日に子供が発熱!そんな時どうする?

救急の時におすすめなのが「こどもの救急」(日本小児科学会)
http://kodomo-qq.jp/
対象年齢は生後一か月~6歳まで。拝見すると、症状ごとにページがあり、カルテを記載するイメージで症状を選択して結果を見ることができます。救急時に病院に連れていくかどうかの判断基準として、役に立ちそうです。

育児情報を調べるのにおすすめ

「赤ちゃん&子育てインフォ」(公益財団法人 母子衛生研究会)
https://www.mcfh.or.jp/
妊娠・出産から、子育てに欠かせない医療系情報が網羅されていました。

ケガを予防したいときにおすすめ

「子供を事故から守る!プロジェクト」(消防庁)
http://www.caa.go.jp/kodomo/index.php
乳幼児に多い事故が紹介されており、子供のケガを未然に防ぐのに役立ちそうです。

Q&Aサイトを使う時に心がけること

多くの方が利用するQ&Aサイトですが、掲載している情報の真偽については疑わしいとした上で、
聖路加国際大学 中山和弘教授
(Q&Aで悩みを見て)悩んでいるのは自分だけじゃないということを知って安心できる
という方法もあると仰っていました。

明確な答え・解決策を探すという使い方ではなく、「こういう方法・考え方もあるんだ」ということがわかるのが良いと仰っていました。

信頼できる情報かを見分けるには、回答者の評価や過去の質問の回答状況を見ることも大切だそうです。

質問サイトで煽り・攻撃を受けることもあります。「攻撃されることもある」ということは前提として捉え、投稿前に相手がどう思うかをよく考える必要もあるということでした。

また、個人情報は掲載しないように注意喚起もされていました。

インターネット検索のコツ モラル まとめ

最近だと、俳優の西田敏行さんをネット上で誹謗中傷したとして、男女3人が書類送検されましたね。
産経ニュース サイト
http://www.sankei.com/affairs/news/170706/afr1707060001-n1.html

また、ACジャパンのネットモラルをテーマにした桃太郎の動画が美輪明宏さんのナレーションでCM放映され、大きな話題となりました。
こちらで動画を見ることができます。(ACジャパン)
https://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/self_all_01.html

WEBに従事し、サイト運営を経験した立場から見ると、サイトを運営するのにもお金はかかります。サーバー・ドメインの料金や運営コストを広告収入で補おうとするのは自然な事だと思いますが、だからといって不正確な情報掲載や、モラルを欠く行為は許されない事だと思います。

情報サイトを運営するのであれば、一番の目的は収益ではなく、「ユーザーに有益な情報を掲載する」ことであるべきだと考えています。

WEB業界に身を置くものとしても大変参考になる番組でした。インターネットを利用する年齢層は、どんどん下がっていきます。検索する方も、投稿する方も、モラルやルール、コツをしっかりと学んで行くことが求められますね。子供と一緒に、インターネットの利用について話し合ってみるのも良いことだと思います。

ASOBO KIDSより

あなたの経験を、記事として書いてみませんか?医療系の情報は正確な知識を持っている場合に限りますが、あなたの子供の「楽しい」は、きっと他の子供・家族の「楽しい」にもつながります。

育児をしている方々のためになる情報であれば、企業のサービスや商品のPRも自由にして頂くことができます。是非、お気軽にお問合せ下さい。

ライター募集 ブログ・イベント投稿

The following two tabs change content below.
アバター
こちらの情報はASOBO KIDS の閲覧ユーザーによって、ブログ・イベント情報投稿ページから登録されました。育児の情報を一人で調べるのは大変です。是非みんなでシェアしあいましょう。 育児のイベント・サークル情報、パパママにアピールしたい商品の情報など、育児に関連した情報であれば、どなたでも投稿可能です。 育児ブログ・イベント投稿ページ

関連のあるおすすめ育児情報ブログ