スカイツリーの真下にローラー滑り台!墨田区立 大横川親水公園 遊具やじゃぶじゃぶ池など子供が喜ぶポイントを紹介

2018.03.25育児ブログ, しつけ・トレーニング, 遊び場・公園・遊具, コミュニティローラー滑り台, お出かけ情報, 口コミ・レビュー

スカイツリー-大横川親水公園 パノラマ

2018年3月某日(土曜日) 東京都墨田区、とうきょうスカイツリー駅から徒歩10分ほどの所にある大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)に4歳・1歳の子連れでお出かけしてきました。

息子がローラー滑り台(我が家の通称”コロコロの滑り台”)が大好きで、東京都内で遊べるところがないかよく探しています。

ローラー滑り台以外に目玉はないかな?
春先だったので時期的にじゃぶじゃぶ池もやっていないかな?

と不安でしたが、春先でもちゃんと水が流れていて、息子もよろこんでいました。(さすがに水が冷たかったので入りませんでしたが)

整備されているので段差も無くベビーカーでのお散歩コースにもおすすめできます!

ローラー滑り台・遊具・じゃぶじゃぶ池の情報をシェアしたいと思います。

東京都内近郊でおすすめのローラー滑り台情報をまとめた記事がこちらです。参考にして頂けると嬉しいです!
東京都内から電車・バスで行ける、おすすめローラー滑り台 口コミ情報

大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)とは

東京都墨田区吾妻橋3丁目4−5 区立大横川親水公園

東京都墨田区吾妻橋3丁目4−5 区立大横川親水公園

大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)は、大横川の一部を埋め立てて整備された親水公園です。

幅は30~40m、長さは1.85kmと南北に長い公園で、東京スカイツリーを見ながら遊具遊びに興じることができ、人工河川が流れる横にはいくつかの遊具エリアが点在しています。

全体マップ

遊具やローラー滑り台があるのは北端(スカイツリー側)の釣河原ゾーンと、河童河原ゾーンです。

この先のゾーンには言っていませんが、マップを見る限り川などは流れているので夏場は楽しそうですね。じゃぶじゃぶ池の情報・口コミなどもりましたら、是非コメント下さい!

アクセス

大横川親水公園へのアクセスは
・東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅
・京成/都営地下鉄 押上駅
・都営浅草線 本所吾妻橋駅
各駅から徒歩5~10分程度です。

こちらは浅草通の橋の上から撮影した写真のパノラマ加工です。

スカイツリー-大横川親水公園 パノラマ

船をモチーフにした管理事務所の屋上からローラー滑り台が伸びています!なかなかの規模!!

ベビーカーの場合は写真の建物(管理棟)裏手にある入口を利用すれば、階段を使わずに公園に入ることができます。

船の裏手からスロープで中へ

今回は南端まで行っていませんが、南端からは錦糸町駅も近いようです。(こちらも徒歩10分程度の距離になるでしょう。)

近くの多機能トイレ(おむつ交換台あり)

公園内は橋をくぐるごとにエリア分けされていて、各エリアにトイレがあります。※今回は利用しませんでした。

ちなみに、とうきょうスカイツリー駅と公園北端(管理事務所)の間には公共の多目的トイレがあり、こちらにはおむつ交換台があります。

広いのでベビーカーでも安心!

東京都墨田区向島1丁目32 東武橋 公衆トイレ

東京都墨田区向島1丁目32 東武橋 公衆トイレ

ローラー滑り台 1 管理棟の屋上から滑走!

このローラー滑り台の写真はネットにもあって気になっていたのですが、全貌がいまいちわからなかったので実際に行くと驚きがありました!

屋上から一気に下降

木造のらせん階段を登って管理棟の屋上へ行くと、ローラー滑り台の入口があります。

途中には船の操舵もあり、ここからの眺めも良いですよ!

船の上から

らせん階段も、段差はそれほど高くないので、3歳~であればスムーズに登れるでしょう。

長さもけっこうありますが、途中で平坦な部分もあるのでスピードが出過ぎることはないと思います。

下から見ると、”スカイツリーの真下!”という感じです。

階段も多いので、~4歳程度の小さい子供の場合は一緒に上ってあげましょうね!

じゃぶじゃぶ池エリア

船のあるエリアから、橋(浅草通り)をくぐると広い空間があり、花壇や釣り堀エリアがあります。

このエリアを過ぎてもう一度トンネルをくぐればじゃぶじゃぶ池のエリアになります。

それが「河童川原ゾーン」ですね。

遊具・じゃぶじゃぶ池あり
遊具・じゃぶじゃぶ池のある河童川原ゾーン

トンネルをくぐるとまず現れるのが石垣。多分水流関係の管理設備かと思われます。(入れません)

石垣

じゃぶじゃぶ池のスタート地点は渓流のような流れ。石積みの橋もあって、子供達がバランスを取りながら渡っていました。(落ちている子どももいました(笑))

この辺の水流に深さはないので、落ちても靴が濡れる程度でしょうか。

お風呂好きな1歳の娘もしきりに水の流れを見ていました。足元がでこぼこしているので良い練習になりますね。

興味津々

この辺は子供が集まるエリアで、小学生3~4年生くらいまでの子供が多い印象です。

面倒見の良いお姉さんもいて、子供のコミュニティが出来上がっているのかもしれませんね。

おんぶしてもらった

整備された通路と、水が流れるエリアがしばらく続きます。ベビーカーでも安心ですが、自転車も結構見かけるので、子供が一人で歩く際には周囲に注意しましょう。

途中には飛び石あり、吊橋あり(補強されているので揺れません)。子供の冒険心をくすぐるしかけがたくさんです!

ローラー滑り台 2 複合遊具もあり!

下流に進んでいくと見えてくるのが2つ目のローラー滑り台!1基しかないと思っていたので新しい発見でした。

大横川親水公園 ローラー滑り台2

しかもなかなか珍しいタイプ。

左右にローラーが付いている

手すりがないので小さい子供は怖がるかもしれませんが、4歳の息子は大丈夫でした。

ちょっと高台になっていて、そこから滑り台が伸びています。

傾斜はゆるめだったので、それほどスピードはでません。ただ、手すりが途中でなくなるので滑っているときに暴れたり立ったりするのは特に危険ですね。

滑り台の上からの眺めが素敵でした。

大横川親水公園 ローラー滑り台の上

複合遊具

この滑り台の付近にあるのが複合遊具で、それほど大きくありませんが、珍しいタイプのものでした。

スプリング遊具も結構年季が入っていて味があります。

スカイツリーも大きく見えますね!

複合遊具とスカイツリー


大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)まとめ

東京屈指の観光スポットであるスカイツリーの麓にある大横川親水公園。

土日は混雑するのかと思っていましたが、土曜日でも全然ゴミゴミしていなかったのでゆったりと散歩したり、遊んだりすることができました。

大きなローラー滑り台も2基あり、複合遊具やじゃぶじゃぶ池と充実した公園でした。

今度はじゃぶじゃぶ池で遊べる時期に訪れたいと思います!

口コミ情報もお待ちしています!

関連のあるおすすめ育児情報ブログ