ゴミ袋バルーン

雨の日・寒い日にお家で遊ぶアイディア・アイテムをまとめました!

Posted by

秋・冬の寒い時期や梅雨時期・雨の日、子供が家で遊べなくて退屈したり、体力を持て余して夜寝てくれなかったりということがありますよね。

我が家で子供に大好評の室内遊びのアイディアやアイテムをご紹介します。

ゴミ袋で子供が乗れる簡単バルーン

ゴミ袋バルーンは確かEテレでやっていた(まいにちスクスクだったかな?)と思います。

ゴミ袋バルーン

100均などで買ったゴミ袋を2枚使うだけなので簡単にできて低コスト!気軽に遊べます!

雨の日など外に出れない時に子どもに好評です。

1.口と口を合わせて空気が漏れないようにテープで止める

ゴミ袋バルーン

一方の口をもう一方に少し入れると空気も漏れにくいです。

2.ゴミ袋の角を少し切ってドライヤーで空気を入れ、結ぶ

ゴミ袋 の角を切る

空気を入れた部分を少し絞って結ぶと空気も抜けません。

ゴミ袋バルーンの完成です!

ゴミ袋の強度にもよりますが、ペラペラのものでも3歳の息子(13kg)と1歳の娘(8kg)合計21kgが乗っても破裂したりはせず、意外と頑丈です!

ただ、ゴミ袋によっては簡単に穴が空いてしまいます。テープで補強しながらボロボロになるまで遊びましょう(笑)

子供の足腰も鍛えられる!?トレーニングチューブで綱引き

トレーニングチューブ 綱引き
クリックでGIF動画が開きます

推奨年齢は3歳~ パパが使っていたトレーニングチューブをやりたがって、自然と綱引きになりました(笑)

アラフォー vs 3歳 だと、
・パパは片手片足でやる
・子供はパネルマットを敷き、動いてもよいエリアを決める
などのハンデを設けると意外と良い勝負になり、足腰のトレーニングにもなります。

トレーニングチューブ ボディストレッチ 検索結果一覧
デスクワークのパパが肩こりや運動不足解消の為に買ったものですが、子供と遊ぶのに使うとは思いませんでした(笑)

楽天で見てみる Amazonで見てみる

最初はフラフラして、ちょっと左右に振ると座ったりしていましたが、慣れてくると全然倒れなくなってくるので驚いています。

  • 両足で踏ん張って力を入れる
  • 左右に引っ張られたときのバランス感覚を養える

など足腰の筋肉やバランス感覚を鍛えるのにも良さそうです。


スポンサーリンク

注意点

伸縮性があった方が子供と綱引きが成立しやすいです。ただ、伸びすぎると危ないので上手く調整してあげましょう。

パパがきちんと掴んでいれば子供がけがをするようなことは無いでしょう。

バランス感覚向上!マットレスの上で動く床ごっこ

こちらも以前なにかのTV番組で見たのですが、マットレスの上に子どもを乗せ、引っ張ったりするなど動かして遊ぶというものです。

マットレス ソファ 検索結果一覧
このようなソファにもなるタイプは厚みもあってしっかりしています。そのままお昼寝にも使えるので重宝しています!

楽天で見てみる Amazonで見てみる

やはり最初はすぐに座ってしまいますが、慣れるとちょっと動かしたくらいでは倒れなくなります。

雨の日などで室内で体を動かしたいときはマットレスが置けるスペースがあればできるので省スペースで良い運動になります。

最初はゆっくり始め、慣れてきたら歌などのリズムに合わせてやっても喜ぶと思いますよ!

注意点

激しく動かしすぎると子供が落ちたり転んだりしてしまいます。動かし方に注意するのと、転んでも良いようにフロアマットや畳の近くでやる・周囲に物を置かないなど、工夫しましょう。

布団だと引っ張るくらいしかできないので、やはりマットレスなどある程度厚みのあるしっかりしたものがおすすめです。

2~3歳でも遊べる水鉄砲ごっこ

寒い時期、お風呂もゆっくり入って体を温めたいものです。お風呂で使えるアイテムもご紹介したいと思います。

お風呂用のおもちゃの定番の一つが水鉄砲ですよね。しかし、1~3歳程度だと握力が足りなかったり、指が短かったりで引き金を引けないという事が多いでしょう。

そんな時に重宝するのがカメラ用のブロアーでした。

洗剤などの空容器でも良いですが、伸縮性のあるゴム・シリコン製のブロアの方が握りやすく、勢いもあります。

”握るだけで水が出る”ので水鉄砲が難しくても簡単に遊ぶことができます。

カメラ ブロアー 検索結果一覧
やっぱりちょっと大きい方が遊びがいがあります。

楽天で見てみる Amazonで見てみる

寒い時期にお家で遊ぶアイディア・アイテム まとめ

簡単!低コスト!気軽!に遊べる室内遊びのアイデアをまとめてみました。

ゴミ袋バルーンなどは特に気に入ってしまい、天気がいいのに室内で遊びたがるので考えものです^^;

ゴミ袋使い過ぎてママに怒られても責任は負えませんのでお気を付けて(笑)

関連のあるおすすめ育児情報ブログ

当サイトの記事に掲載されている情報の正確性や有益性などを保証するものではありません。「ASOBO KIDS」では、本サービスに起因してユーザーに生じたあらゆる損害について一切の責任を負うことはできません。記事に掲載される情報やサイトURLなどは時期によって異なる場合などがありますので、詳細は必ず公式サイトなどをご確認ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスやウェブサイトの記入は任意です。お気軽にコメント下さい。

メールアドレスが公開されることはありません。